フォニックス学習とは?

フォニックス(phonics)とは

フォニックスは、

アルファベットと英語独特の発音の関係性のこと。

 

そもそも『アルファベット』とは、

[a]から[z]までの26文字につけられた、文字の名前のことをいいます。

[エー]、[ビー]、[シー]と読みますね。

 

しかし、これらアルファベットで『単語』を作ると…

 

 

 

bag
bag

B A G

 

[ビー][エー][ジー] とは読みませんね。

 

 

[/b/]くちびるを閉じてから短く空気を押し出すように「ブッ」と発音します

 

[/a/]あごを下げ、日本語の「エ」と「ア」の中間をねらって発音します

 

[/g/]のどの奥に空気が詰まったように「グッ」と発音します

 

 

これらをいっしょに、ちぢめて読むので、

 

[バァグ]

 

という発音になるのです。

これがフォニックス学習の一番の元となる考え方です。

 

 

BKCは、このフォニックス学習こそが、

子ども英会話に一番大切なことだと考えています。

 

正しいフォニックスを幼いころから自然と学ぶことで、

 

『カタカナ発音にならず、ネイティブスピーカーと変わらない

 きれいで自然な発音を身につけることができる』

 

『たとえ意味が分からない単語でも、

 自分で読んで人に尋ねたり、調べたりすることができる』、

 

自信に満ち溢れたコミュニケーション力を身につけることができます。

 

 

 

では、こちらはどうでしょうか?

 

 

 

bug
bug

B U G

 

さっきの[bag]とよく似ていますね。

 

 

[/b/]くちびるを閉じてから短く空気を押し出すように「ブッ」と発音します

 

[/ u /]おどろいたときに思わず出る、「アッ」という音を思い出して発音します

 

[/g/]のどの奥に空気が詰まったように「グッ」と発音します

 

 

 

 

 

うまく発音できましたか?

 

 

 

 

 

 

 

イラスト素材の素材ダス

What's NEW?